10代ニキビ対策化粧水どれがいい?

 

低価格なトライアルキット or 返金保証あり

 

実際に使ってみて、あなたのお肌にあわなかったら、お金がもったいないですよね。

 

そのため、トライアルキット or 返金保証がある化粧水を中心にご紹介します。

 

乾燥肌・敏感肌でも大丈夫か?

 

どのお肌でも安心・・・・といった化粧水もありますが、やはり乾燥肌やデリケートは敏感肌でも安心なものをご紹介します。

 

※例えば、オイリー肌の洗顔料を使って、皮脂を過剰に取ると余計に乾燥します(涙)

 

添加物がない

 

合成香料; 着色料; パラベン; アルコールなど、添加物を気にする人が多いです。

 

特にデリケートなお肌(※敏感肌)の人でも利用できるニキビ跡化粧水を中心におすすめします。

 

※化粧水によっては完全無添加というわけではないです。

 

10代!おすすめニキビ化粧水ランキング

 

富士フイルム ルナメアAC

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容:7日間のトライアルセット
  • 初回限定:1,080円

 

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 乾燥肌&肌がデリケートで敏感
  • 毛穴の詰まりが気になる人
  • 赤みが強いニキビで悩んでいる人

 

ルナメアACの最大の特徴は”やさしく続けやすい”
乾燥肌・敏感肌やデリケートなお肌に最適なニキビ対策キットです。

 

 

 

テアテ

 

 

  • 返金保証:30日以内
  • 内容量:100ml

  • 初回限定:1980円

    2回目以降の定期購入:4,980円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 脂性肌・乾燥肌・敏感肌で大人ニキビが気になる人
  • できるだけ安く、継続したい人
  • にきび化粧水ランキングbPがいい人(※エムズワーク調べ)

 

 

テアテは20代〜30代のニキビに悩む女性を中心にSNSで話題の化粧水です。

 

 

リプロスキン

 

 

  • 返金保証:60日間
  • 内容量:100ml
  • 初回:4,480円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • ニキビの”シミ”・ニキビ跡が気になる人
  • いつでも解約したい人!(※縛りがない)
  • 返金保証の期間がが長いほうがいい人

 

肌に優しく、赤いニキビ跡にピッタリの美容液”リプロスキン”

 

60日の返金保証付きなので、気軽に申し込むことができます。

 

 

気になる!ニキビの原因Q&A

 

大人ニキビが気になる女性

 

大人ニキビと思春期のニキビの違いとは?

 

ニキビには大人ニキビと思春期のニキビがありますが、この二つは原因も異なっていれば、できる場所も違います。

 

大人ニキビは名前の通り思春期を過ぎた後にできるニキビですが、原因は複雑になります。
主な原因として挙げられるのはストレス、不規則な食生活、運動不足、睡眠不足、喫煙、飲酒、間違ったスキンケアや化粧品、ホルモンバランスの崩れといった要因があり、これらが混合したり、体調変化によって発生します。

 

肌のターンオーバーの乱れも大人ニキビと関係が深く、生活習慣が乱れる事によって肌のターンオーバーも乱れてしまい新陳代謝が遅くなり、古い角質が溜まって角質層が厚くなり、毛穴が狭く詰まる事によって大人ニキビに繋がっていきます。

 

思春期のニキビは成長期において皮脂の分泌が過剰になる事が主な原因であり、身体を成長させるために成長ホルモンが分泌されて、それが皮脂腺を刺激する事によって過剰な分泌を引き起こし、結果的に毛穴が詰まりアクネ菌が繁殖してニキビになります。

 

思春期のニキビは皮脂の分泌による原因なので額や鼻などのTゾーンにできやすく、大人ニキビはフェイスラインや顎といったUゾーンにできやすいです。
それぞれ原因も違いますので改善方法も異なりまして、思春期のニキビは皮脂量と水分量のバランスが大事であり、一方の大人ニキビは生活習慣の改善や見直しが必要です。

 

 

ニキビがおでこにできる原因とは?

 

おでこにできるニキビの原因としては、大人の場合は髪の毛の刺激であったり、整髪剤やシャンプー、あるいはトリートメントの洗い残しによるものであったり、いわゆる外部的な要因がほとんどです。

 

一方で、思春期にできるおでこのニキビは、先に述べた外部的な要因に加えて、成長期に起こるホルモンバランスの変化により、皮脂が過剰分泌されることが主な原因となります。

 

基本的におでこのニキビは思春期のほうが発生しやすいです。通常は毛穴から皮脂は排出されますが、
思春期においては、急に増えた皮脂の量に対して毛穴の成長が追い付いてないことがほとんどです。

 

つまり、次々に分泌される皮脂が毛穴の中に溜まっていき、古い角質や老廃物などと混ざり合うことでやがて毛穴を塞ぎます。

 

毛穴に皮脂が詰まるのがニキビの始まりであり、さらにその中の毛穴の皮脂を栄養分にすることで、アクネ菌と呼ばれる菌が増殖し、炎症を起こしてニキビはさらに悪化していきます。

 

おでこのニキビの発生を抑えるためにはこれらの原因についてよく理解したうえで、常に髪の毛などに整髪剤やシャンプーなどが残らないように清潔にしつつ、皮脂や角質、汚れなどをしっかりと落とすスキンケアを心がけるべきです。

 

 

ニキビ跡(クレーター)ができる原因は?

 

思春期によく発生するニキビですが、この原因はアクネ菌を主に細菌が繁殖し、繁殖した細菌を白血球が排除しようとするときに炎症が起きます。

 

そして、この炎症が収まった後でニキビ跡(クレーター)ができることがある一方で、全く跡がわからないくらいきれいに治ってしまうこともあります。

 

このようなニキビ跡ができる原因は、皮膚の炎症がどれくらいの深さにまで及んでいるかによるところが大きいのです。皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3つの層からできています。

 

もっとも表面にある表皮は皮膚の細胞がどんどん入れ替わりますが、その下の真皮はこのターンオーバーが起きません。そして、この部位には毛髪を作り出す毛包があり、主にここでニキビができやすくなっています。

 

そして、ここで激しい炎症が起きると治っていく過程で繊維化といって硬くなることがあります。表皮は再生が可能ですが、真皮は再生ができないため一度大きな炎症が起きて皮膚に陥没が起きてしまうと元に戻らなくなってしまうのです。

 

さらに、人によってはケロイド体質と呼ばれる炎症が起きるとそのあとがケロイド状になりやすい人もおり、同じ炎症の強さや深さでも体質によってもニキビ跡がクレーター状になってしまいやすい人もいます。

 

 

乾燥肌になる原因

 

乾燥肌の原因は主に外的な要因と内的な要因に分けられます。

 

まず、外的な要因ですが、最も大きいのが空気の乾燥です。特に冬場は空気の乾燥によって肌も乾燥しやすい季節と言えます。

 

 

また、屋内と屋外の気温、湿度の差が激しい場合も、肌の調整機能が追い付かずに乾燥の原因となります。

 

また、紫外線やアレルギー物質、排気ガスといったものは肌の表面機能にダメージを与えるので、乾燥を引き起こす間接的な原因になります。

 

なお、洗いすぎなどや洗顔料の洗浄成分など、お手入れの方法も肌の乾燥に大きくかかわります。

 

次に内的な要因ですが、まずは食生活です。

 

各種ビタミンを含んだ食材や、必須脂肪酸を含んだ上質な油分や亜鉛などが不足すると、
肌を保護する機能や、新陳代謝が乱れ、肌のターンオーバーに悪影響を与えます。逆に脂質や糖質の多い食事、化学物質や添加物の多いジャンクフードやカフェイン、お酒を多く摂取することも乾燥肌の原因となります。

 

次に生活習慣ですが、ご存じの通りストレスや睡眠不足は乾燥肌の原因であるホルモンバランスの乱れを引き起こします。他にも運動不足も代謝低下を招くので肌に悪影響ですが、
運動による汗も乾燥肌の原因になるので、注意が必要です。

 

また、加齢による肌の機能の低下も大きな原因のひとつです。

 

 

化粧品Q&A

 

ニキビ用の化粧水の特徴や役割とは?

 

ニキビの原因はさまざまですが、乾燥が原因で引き起こされることが多いと言われているため保湿効果が高い化粧水を使用している方も多いのではないでしょうか。

 

実際にニキビを改善するためには保湿も重要なのですが、それ以上にお肌の炎症を鎮静化させてコンディションを整えることが大切になってきます。

 

なので保湿力が高い基礎化粧品を使用していても改善することができない場合は、ニキビ用の化粧水を使い始めてみることをお勧めします。

 

ニキビ用の化粧水にはどのような特徴があるのかと言えば、抗炎症作用や抗酸化作用が高い美容成分が豊富に含まれています。

 

こういった美容成分は普通の基礎化粧品にはあまり含まれていません。何度もニキビが出来てしまったり、どんどん悪化しているような状態ですと抗炎症作用や抗酸化作用の効果が得られる化粧水を使ったほうが改善しやすくなります。

 

ニキビ用の化粧水は抗炎症作用によってお肌の炎症を鎮静化させたり、抗酸化作用によってニキビを悪化させる活性酸素を取り除く役割があるので、
いつまで経ってもニキビが改善しないと悩んでいる方は試してみましょう。

 

ニキビ用の化粧水はさっぱりしているので、皮脂が抑えられるところも魅力です。

 

 

乳液の役割とは?

 

乳液はべとつくイメージがあって、使用するのはあまり好きではない人もいるかもしれませんが、しっかりとした役割があります。それは肌に蓋を作ることです。

 

乳液を使用する前には化粧水や美容液を使用しますが、それらを塗ったままの状態にしてしまうと蒸発しやすく、塗っても保湿や美容効果を十分に得ることが出来ません。

 

しかし乳液を使用することで肌に油膜を張ることが出来、水分の蒸発を防ぎ、化粧水や美容液の成分をしっかりと肌に閉じ込めることが出来ます。

 

乳液と同じ働きをする化粧品にクリームがあります。

 

そのため化粧水や美容液を使った後に乳液を使用する場合は、クリームを使用する必要はなく、一緒に使用すると余計に油膜を張ることになるため必要以上にオイリーな仕上がりになってしまうので注意が必要です。

 

乾燥肌や敏感肌の人は肌質を改善するためにはオールインワンジェル化粧品を使用するよりも、
化粧水で肌に潤いを与え美容液で肌に栄養を送り、乳液でそれぞれの成分を閉じ込めるといったそれぞれの働きを十分に生かせるライン使いの方が適しています。

 

そのためオイリー肌になるようなイメージに惑わされず、しっかりと乳液で肌に油分の蓋をして、肌に必要な栄養を閉じ込めましょう。